おすすめの英語教材

おすすめの英語教材を紹介します。

英会話、リスニング、リーディング、英文法、ボキャブラリーなどジャンル別の代表的な教材の内容を紹介するだけでなく、その教材の効果的な活用法から長所、短所などの全体の評価、さらに体験談もあります

 

まず各教材の評価に入る前に選び方のポイントをお話します。基本的には自分が継続できる自信が持てるものを選ぶことになりますので、どのような教材だと継続できるかということがポイントになります。

 

第一に、自分のレベルに合った教材を選ぶことです。

ご紹介する教材は初級~中級レベルにまで対応しているものですが、ほとんど初心者に近いレベルの方には、やや難しいものもあります。自分の現在のレベルを少しでも上回る教材を使うと、継続するのが難しくなります。それこそ三日坊主になってしまうかもしれません。

目安としては、自分の現在のレベルよりやや易しいと思える教材を選べば間違いないでしょう。実際に使い始めて理解できる部分が多いと、とても嬉しくなり、次に進もうという意欲が湧いてくるものです。また、簡単過ぎても、つまらなく感じて良くありません。

 

第二に、内容が面白い、興味を持てる教材を選ぶことです。

何であっても、面白い、楽しいと思えれば、人間は誰でも集中力が湧いてきます。例えば、映画が好きな人は、映画スターのインタビューなどが聴ける教材だったら、少しぐらい難しくても頑張って聴いてしまうかもしれません。

 

第三に、自分の適性、生活スタイルに合っている教材を選ぶことです。

例えば、自分一人で学習するのが不安な人は、メールのフォローがある講座を選べば良いでしょう。他にも、確認テストがある講座だと、それを励みに頑張ってしまう人もいます。

生活スタイルについて言えば、通勤時間が長い人は、電車の中で長時間聴けるものが良いかもしれません。

 

第四として、これが最後になりますが、自分の学習目的に合っている教材を選ぶことです。

例えば、仕事で外国人相手に話をしなければならないのだったら、仕事で使われる英会話表現を優先的に覚えることができる教材が適していると思います。

この学習目的には、自分の弱点補強も含まれます。

例えば、英文法に弱い人は、優先的に英文法の教材で文法の学習をした方が良いと思います。聴いて分かっても話すのに自信が無いという人は、スピーキングに特化したものが良いでしょう。

 

以下に厳選した英語教材はすべて定番のものであり、かつ、その多くは私自身が使用して効果があったものなので、安心してお勧めできます。 

なお、公平な評価をするためにも、必ず長所のみならず短所にも触れています。


スピードラーニング (英会話・リスニング)

  

1000時間ヒアリングマラソン (リスニング) 

 

ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!<キクゾー!> (初心者向けリスニング)

 

スーパーエルマー (リスニング)

 

You Can Speak    (スピーキング)


30日間英語脳育成プログラム (スピーキング)

 

1年でtoeic900 分かる 解ける 英文法 (英文法)

 

ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning (初心者向け英文法)

 

1年でTOEIC900!英語真っすぐリーディング講座 (リーディング)

 

ボキャビルマラソン   (ボキャブラリー)

  

ライティングエイド (ライティング)

 

TOEICマラソン (TOEIC対策)




体験談募集

実際に、これらの教材を使ってみた人の体験談、感想を募集します。

もちろんマイナスの評価であっても大丈夫ですよ。

体験談は上記に取り上げている以外のものでも結構です。

 

是非、あなたの体験を他の人のために教えてくださいね。

 

体験談、感想などは、お名前(ペンネームで可)、教材名、感想

を添えて、こちらからお送りください。