美容整形外科の求人募集で得られた新しいスキル

美容施術スキルもマスターできる環境がある

以前は大学病院の病棟で看護師をしていましたが、現在は都内にある美容整形外科で勤務をしています。
看護師歴30年のキャリアがあり、自分のスキルアップをおこなってより高度な医療を提供できる医療従事者になりたいと思っていたのが、転職をした理由です。
19歳で沖縄県から上京をして看護師になる夢を実現し、そのまま専門学校があった埼玉県で就職をしました。
もともと私は母親と同じ職業に就きたいと思っていたのでナースになったのですが、新人時代は病棟の夜勤ばかりを担当することになって肉体的・精神的にも大変疲れてしまったものです。
そのような状況から抜け出そうと思って退職をしてからは、個人クリニックでパートをするようになりました。
仕事はとても楽でしたが、看護スキルを鍛えることができず、30歳になってもまだ採血を上手くおこなえない未熟な自分に苛立ちを覚えたものです。
このままではせっかく手に入れた正看護師の免許を無駄にすると焦り、大学病院の病棟勤務を志望しました。
うまく再就職はできましたが、年齢よりもスキルがないことで後輩からも「頼れない人」と思われてしまい、勤めるのが辛くなっていたものです。
もっと自分にしかできない業務と、新しいスキルを手に入れられるところがないかと探しているとき、美容整形外科の専属求人を目にしました。
その求人では正看護師免許を所有していて、美容関係の仕事に興味がある方という採用事項が記載をされていました。
美容に関しては以前から興味を抱いており、マッサージなどを独学でマスターしたこともあったほどです。
そして一番気になったのが、美容施術スキルもマスターできる環境があると書かれていたことでした。

美容施術スキルもマスターできる環境がある募集で書かれていた美容スキルに関して思い切って新しい職場に転職をしてよかった