1000時間ヒアリングマラソン

1000時間ヒアリングマラソンの効果と活用法についてお話しします。

この講座は延べ100万人以上が受講しているという、アルクの看板講座です。

 

ヒアリングマラソンの基本コンセプトはできるだけ多くの量を耳にすることによって、リスニングを鍛えようというものです。「1日3時間で1年に1000時間の英語シャワー」 というキャッチコピーがそれを明確に表しています。もちろん、ただ聴くだけではなく、大まかな流れを把握することを目的とする多聴と、細かい部分まで正確に 理解する精聴をバランスよくこなせる内容となっています。

 

この講座の良いところは、毎月教材が新しく作られて、いつでも鮮度抜群の海外の文化、情報に触れることができるところです。内容も、有名人のインタビュー から、映画、ドラマ、ニュース、クイズと多岐に渡っています。それだけに、単なる英語教材とは違って飽きさせることがなく、楽しみながら英語学習を続けることがで きます。

また、この教材で使用される月刊誌「English Journal」の付属CDでは、アメリカ人、イギリス人の英語だけでなく、ヨーロッパ人、アジア人の英語などお国訛りのある英語も多く聴けるので、多種多様な英語に慣れることができるのも実践力を付けるうえでのメリットとなります。特に、2006年から実施された新TOEICのテストでは、リスニングセクションに おいて、従来はアメリカ英語だけだったところが、イギリス、オーストラリア、カナダなど多様な英語の発音が採用されるようになったので、この点は大きなアドバンテージになります。

 

他の章でもお話しましたが、私が英語学習を本格的に開始した時に一番最初に使用したのが、このヒアリングマラソンでした。私自身はその時はモチベーションも高かったので、マラソンに完走(1年間で1000時間を聴いた)できました。

私の学習開始時点でのリスニング力というのは、アメリカのニュースを聞いていて聞き取れるのは"President Bush" くらいという最低のレベルでした。それが、このヒアリングマラソンを始めてからは最初はまったく意味の分からない音の塊だったものが、3ヶ月過ぎたあたりから、部分的にフレーズの塊が聞き取れるようになり、その後は少しずつ、その聞き取れる範囲が広がっていったという感じでした。そして、1年経過後は、ネイティブの話す英語に違和感はまったく無くなっていたので、スムーズに次のステップ(英会話レッスンを受けたり、DVDの映画を観たりなど)に進むことができました。

 

1000時間ヒアリングマラソンで成果を出せるかどうかは何よりも継続できるかどうかです。

1日3時間で1年に1000時間の英語を聴くというのは、忙しいビジネスマンは元より、根気に自信が無い人にとっても、相当厳しいものなので、確かに挫折する可能性もあります。

ただし、1日3時間と言っても、何も自分の部屋で集中してCDを聴いている時間だけをカウントするのではなく、通勤電車の中や家事をやりながら聞き流している時間も含めていいことになっているので、そういった細切れ時間をすべて合わせれば、目標に近い時間を聴くことは無理ではないと思います。1日3時間の聴く対象は教材のCDだけでなく海外ドラマやニュース、英会話レッスンなど英語で話されているものすべてが対象となるので、あまり飽きることなく楽しみながらマラソンを続けることができるのです。 また、平日はあまり時間が取れなくても、休みの日にまとめて長い時間を聴くということもできます。

何にしても、1000時間という数字にこだわり過ぎたり、怖気付いたしないことが何よりも大切だと思います。

要は、目標の数字にこだわらなくても、1年間はできるだけ英語漬けの環境を作りましょう、というのがコンセプトだと思います。

 

結果として、1年間で1000時間を聴くことができず、目標の6割程度だったとしても、聴いた時間だけの効果は必ずあるはずです。

たとえ目標を下回ったとしても、1年間継続できれば、リスニング力の大幅な向上はもちろんのこと、英文法やボキャブラリーなど総合的な英語力が付くのは間違いありません。なぜなら、リスニングこそが英語学習の基本だからです。TOEICで言えば、最低でも700点以上のスコアを出せる基礎力は十分に付くはずです。

したがって、現在、英語学習のモチベーションが高い人はもちろんのこと、何か目標を持って英語学習に取り組みたいと思っている人にとっては1000時間ヒアリングマラソンは最高の教材かもしれません。

ちなみに、あの池上彰さんが英会話をマスターしたのは、この1000時間ヒアリングマラソンだったそうですね。

 

最後にまとめます。

<長所>

  • 教材の内容が新鮮でバラエティーに富んでいるので、楽しみながら学習できる。
  • 1年間でかなりの量をこなせるので、総合的な英語力が身に付く。

 

<短所>

  • 勉強する習慣が無かったり、あまりに根気が無いと挫折する可能性がある。
  • 初級レベルの人には、やや難易度が高い。

 

<どんな人に向くか>

  • リスニングのみならず、総合的かつ実践的な英語力を付けたい人
  • 英語学習のモチベーションが高い人

 

 

なお、上の講座では、受講者の想定レベルとして、英検2級またはTOEIC550点以上となっていますので、そのレベルに達していない方は、ヒアリングマラソン ベーシック kikuzo!を選択すれば無理なく続けられ、挫折する心配もないと思います。