イメージで覚えよう

英語のリスニングでもリーディングでも、理解力を高めるためには、英単語に瞬時に反応するように訓練することが必要です。瞬時とは具体的には0.5秒~1秒程度を指します。瞬時に反応するには、日本語を介さずにイメージで単語を覚えることです。

 

例えば、”chair” という単語を見た場合に、最初に日本語で「椅子」という意味を考えてから、覚えるのではなく、絵なり画像なり椅子のイメージを思い浮かべて覚えるようにするのです。

このような身の回りにある英単語は、英米人の子供向けの絵本を使って覚えても良いですね。

 

chair は簡単過ぎるから、日本語なんか思い浮かべないよという方には、”abalone ”という単語は分かりますか?

この単語の意味は「アワビ」です。

私は香港のレストランで、アワビの醤油煮を注文した時に、メニューに”abalone”と書いてあったのを覚えています。そのため、私にとって、”abalone”は、最初にアワビの醤油煮を思い浮かべるのです。

このように、英単語をイメージや体験の中で覚えると、その単語は忘れにくいですし、見たり聞いたりした時にも、瞬時に反応できるのです。

 

なお、英単語を画像と一緒に覚えるサイト(音声付き)も紹介しておきますので、イメージで覚えるトレーニングに使ってみてください。

Language Guide English