英語の発音とリズム

英語の発音とリズムは日本語と大きく異なります。

そのため、日本人にとって、英語を聞き取るうえでの障害になります。

 

発音記号を見れば分かる通り、日本語には無い発音も多く、英語をそのままカタカナ読みして伝えても、ネイティブにはまったく通じないことも多いです。同時に、日本人が一般的に認識している英単語の発音は、実際のネイティブの発音との間にずれが大きいので、そのまま聴いても、まったく理解できないことがあります。

例えば、credit card(クレジットカード)を、カタカナ読みでしか認識していなかったとしたら、実際に、「クレディッカー」と聞こえたら、何のことか分からなかったりします。

しかし、発音の違いだけなら、正しい発音を覚えて、耳に慣らしていけば、何とか聞き取れるようになります。

 

日本人にとって、最も障害となるのは、音の連結、音の脱落と英語特有のリズムにあります。

 

まず、音の連結はリエゾンとも呼ばれ、日本語には無い特徴です。

例えば、Take it easy. (気楽に行こうよ) という文章があります。

日本人的発音では、「テイク イットゥ イージー」というものになりますが、アメリカ英語では「テイキリーズィー」と聞こえます。

英語では、子音は後に続く母音と必ず連結して音が変化します。

特にアメリカ英語では、t は単語の先頭に来ない場合には、日本語の「ラリルレロ」に近い音に変化します。よって、「リーズィー」といった音に変化します。

もう一つの例を見てみましょう。

 

I'll ask her out.

(彼女をデートに誘うよ。)

 

この場合、文の途中に来る、h は脱落するので、

次のように発音されます。

 ask (h)er out (アスカーアウトゥ)

 

この音の変化も知らないと、最初は戸惑うと思います。

 

次に、音の脱落については、英語では、子音が連続すると、前の子音は必ず脱落します

例えば、Sidney(シドニー)というオーストラリアの都市がありますが、この単語では、dn と子音が連続しますので、前の子音、d が脱落して、次のように発音されます。

Si(d)ney(シッニー)

そこで、「シドニー」しか知らない人にとっては、何を言っているのか分からなかったりします。

この音の脱落も慣れないと、リスニングするうえでの障害に成り得ます。

 

最後に、英語特有のリズムについてお話します。

例えば、次の文章を見てください。

The job market is more competitive than it used to be.

(就職市場は以前に比べて競争が激しくなっている。)

 

日本語のリズムは多くの言語の中でもフラット(平坦)だと言われ、すべての単語のアクセントがほぼ均等ですが、英語では、キーワードとなる単語は強く発音され、冠詞、前置詞、代名詞など機能語と呼ばれる単語は 極めて弱く発音されます。

上の例で言えば、job, market, competitive は特に強く発音され、the, is, than it, to  などが特に弱く発音されます。そのため、英語のリズムに慣れない日本人が聞くと、リズムの谷になった単語はほとんど聞き取れないことがあります。

 

このような英語の発音とリズムは理論的なことや知識だけを持っていても、あまり役に立ちませんが、一応こういう特徴があるのだということを頭に入れたうえで、リスニングの練習に入れば効率が高くなるでしょう。 

 

英語学習において、教材の活用は不可欠です。

当サイトでは、おすすめの英語教材の紹介だけに留まらず、その教材の効果的な活用法から長所、短所などの全体の評価もしてありますので、是非とも、英語教材選びの参考としてください。 

 おすすめの英語教材