DVD映画で英語学習

英語のリスニング力の強化法として一番おすすめしたいのは、映画のDVDを活用する方法です。何より、勉強しているという苦痛の感じが少なく、特に映画好きなら本当に楽しみながら、英語のリスニング力を向上させることができます。

映画の場合、音声だけでなく視覚にも訴えるので、とても印象に残りやすく、日常的によく使われる表現をごく自然に覚えることができます

特に自分のお気に入りの映画の大好きなセリフであれば、場面とともに覚えて、絶対に忘れることはありません。

 

ただし、映画はどんなに易しいものでも一定以上のレベルがありますので、本当の初心者にはまだ難しいと思います。そういった方には、おすすめの英語教材を参照していただき、初級者用な英語教材を選んで耳慣らしをして、初級レベルを超えた段階でチャレンジすれば、挫折することもないでしょう。

 

以下に具体的な手順、方法をお話したいと思います。

まず、映画のDVDを購入します。1本を短期間で終わらせるだけの余裕があれば、TSUTAYA などでレンタルしても構いません。しかし、一本を確実にマスターするには、それ相応の時間がかかりますので、Amazon などで購入した方がよいと思います。

次にスクリーンプレイで、自分の気に入った映画を選び、スクリプトを購入します。先のDVDの購入も、最初にスクリーンプレイのサイトから目当ての映画を選んでからにすればよいでしょう。

 

学習の最初はDVDで日本語字幕を消して、映画を1回通して鑑賞してみます(自分のリスニング力にまだ自信が無ければ、一回目から英語字幕を表示しても構いません)。

次に、英語字幕を表示して、内容を理解しながら鑑賞します。その際、理解が付いていかなければ、何度でもDVDを止めて、また、英語字幕だけでは意味が分からない時には、スクリーンプレイの該当箇所に当たり、日本語訳を確認します。

最初からすべてスクリーンプレイを読むというやり方もありますが、そのやり方だと時間がかかり過ぎるので、私は英語字幕だけでは意味が分かりにくい部分だけをスクリーンプレイで確認しました。この辺りは、ご自分の現在のレベルに合わせて、日本語訳のチェックを省略するかしないかを決めればよいと思います。

 

映画全体の内容がある程度理解できたと思ったら、再度、字幕を消して、映画を通して鑑賞します。まだ、理解が足りないと思ったら、その都度、DVDを止めて、スクリーンプレイを確認します。そうして、全体の70%~80%くらい理解できるところまで繰り返し同じ映画を鑑賞します。

 

注意しなければならないのは、完全主義に陥いって100%の理解を目指さないことです。

ネイティブスピーカーでもない私たちが外国の映画を完全に理解するのは土台無理な話です。あまり細部にこだわらず、全体として十分にストーリーを楽しめる段階にまで達したら、1本のDVD映画の学習は終わりということにします。

 

映画の選び方については、最初のうちは、スクリーンプレイが発行されている映画の中から気に入った映画を選ぶようにすればよいと思いますが、10本以上の映画で学習して、ある程度 慣れてきたら、スクリーンプレイには無いものでも、自分の好きな映画を選んで、学習したらよいでしょう。何より自分自身のお気に入りの映画で学習するのが 最も効果が高いはずです。

その場合でもスクリーンプレイで学習した時と同様に、2回目以降に観る時にDVDの英語字幕でセリフを確認して、理解度が70%くらいになったら、最終的に、一切の字幕を消したうえで、映画鑑賞をしてください。

一つ注意することは、DVDの英語字幕は短文にするために、いくつかの単語が省略されていることが普通なので、実際のセリフより短くなっていることが多いということです。

 

最後に私の独断と偏見で、英語学習に特に役に立ったと思われる映画を挙げておきます。私は実際に40本以上のDVDで英語学習をしています。

 

英語学習におすすめの映画10選

  • ユー・ガット・メール”You've Got Mail”
  • ゴースト”Ghost”
  • バック・トゥー・ザ・フューチャー”Back To The Future”
  • ペイ・フォワード”Pay It Forward”
  • 摩天楼はバラ色に”Secret Of My Success”
  • フォレスト・ガンプ”Forrest Gump”
  • 天使にラブソングを”Sister's Act”
  • クレイマー・クレイマー”Kramer vs Kramer”
  • アメリカン・ビューティー”American Beauty”
  • レナードの朝”Awakenings”

DVDの内容を確認