シャドーイング・リピーティングの効用

短期間で効果的に成果をあげる学習法として、シャドーイングとリピーティングがあります。

 

シャドーイングとはスクリプトを見ないで英文を聞きながら、音に集中して、聞こえた瞬間に聞こえたとおりに同じ音を出す訓練法です。結果的に手本の英語音声より少し遅れてついていくこととなります。

シャドーイングでは、英語の音声を止めないで、そのまま後を追って発声するものですが、それでは初級者にはかなり難しいと思われます。そこで、最初のうちは、ワンセンテンスごとに音声を止めてから、同じ音を繰り返すリピーティングの方を勧めます。シャドーイングの練習を取り入れるのは、上級レベルに入ってからでも遅くはありません。

シャドーイングであれ、リピーティングであれ、聞こえた英語音声をそっくり真似することで、英語のリズムやイントネーション、発音、アクセントすべてを同時に身に付けることができるトレーニング方法です。

英文が長くなると、聴いた英文をそのまま繰り返すのはとても難しくなります。そこで、何度も同じ教材で繰り返すことで完成に近付ける必要があります。特に聞き取りにくい苦手な部分は繰り返して、集中特訓しましょう。

前置詞や冠詞などの弱くあいまいに発音される機能語も、聞き漏らさずに発音するように努めてください。何と言っているのかがどうしてもわからない部分はスクリプトで確認して、正確に発音するようにしてください。また、しっかり感情をこめて、 イントネーションをつけることも忘れないでください。

 

聞き取りにくい部分は、自分で発音しようと思っても、なかなか口が回らないはずです。そんな時は、口が回るようになるまで何度も繰り返してみてください。 つっかえずに、スムーズに繰り返せるようになれたら、一つのセンテンスは終了です。

 

シャドーイング、リピーティングの効用としては、リスニング力が知らず知らずに向上していることです。なぜなら、自分で正しく発音できる言葉は耳で聴いても理解できるからです。

さらに、頭と口が英語に慣らされてくるので、英会話においても、言葉がスムーズに出てくるようになります。

 

教材としては、特に指定はありませんが、易しめで、分量も少なめの教材の方が挫折せずに続けられるでしょう。

スピードラーニングなどワンセンテンスごとにポーズが空いている教材などは使いやすいと思います。

是非とも試してみてください。