ペーパーバックで学習

ここでは、英語のリーディング学習素材として、ペーパーバック(海外で出版された小説などの洋書)の活用についてお話します。

 

まず最初にお話しておかなければならないことは、ペーパーバックの読解は英字新聞などに比べてはるかに難しいということです。

何と言っても、ボキャブラリーのレベルが高く、知らない単語が多過ぎて挫折することが多いのです。また、外国の読み物なので、生活習慣や背景知識が乏しいこともあって、さらに理解を難しくしています。

 

私自身について話せば、昔ハリー・ポッターがベストセラーになった頃、初めて、ペーパーバックを買って読んでみました。ところが、最初の章を読んだだけで、あまり内容も理解できないまま読むのを止めてしまいました。そもそも内容自体に興味を持てなかったこともあるのかもしれませんが、ボキャブラリーや文体のせいで英字新聞よりはだいぶ難しいな、という印象を抱きました。

 

そこで、自分の経験も踏まえて、皆さんにお勧めしたいのは、最初に日本語で小説を読んでから、同じ小説を英語で読むという方法です。

この際、読む対象とする小説は何も外国の小説に限りません。日本の小説を読んでから、その英訳版を後から読んでも良いのです。

具体例として、私は村上春樹の「ノルウェーの森」の英訳版 "Norwegian Wood" 

を読んでみました。原作の方は、3回以上読んでいるので、登場人物のセリフはだいたい覚えています。そこで、英訳版を読んでみると、たまに難しい単語が出て来ても、あまり気にならず、思いのほか楽に読み通すことができました。

日本の小説の英訳版を読むと、原作で印象に残った文章をどのように英訳しているかを知ることができて、とても興味を持って読むことができます。

 

このように日本語で読んで内容を知っている小説を英語で読むと、かなり楽に読むことができます。そして、小説は分量が多いので、一冊読むだけでも、かなり英文読解力が付きます。

 

この方法は逆に外国の小説の翻訳版を先に読んで、後から原書を読むというやり方でも良いのです。

 

ペーパーバックは分量が多いので、一冊読み通せることが何よりも大切です。ですから、日本の小説であれ、外国の小説であれ、自分が強く興味を持っている小説を選ぶようにください。

このようにして数冊のペーパーバックを読み通すことができれば、リーディング力が格段にアップするのは間違いありません。