リーディング素材の選び方

ここでは初級者レベルを脱して、中級レベルに入った方がどのようなリーディングの素材を選んだらよいかについてお話します。

 

中級レベルになって、これからリーディングにも力を入れたいと思っている時に、どんな素材、題材を選んでよいか迷うことがあります。単純に、自分の興味のある読み物を選べばよいと言われますが、英語の読み物となると、何を選んだらよいのか考え込んでしまいます。

で、一つのヒントとなるのが「日本語の読み物だったら何を読むのか」という基準で選べば間違いないと思います。

 

よく英字新聞を読みなさいと言われるので、英字新聞を読み始めてみたけど、数分で飽きてしまったなんていうこともあります。その場合、海外の政治や経済など自分がまったく関心の無い記事を読んでいませんか? そうでなくても、読んでいても、つまらないと感じる場合は、あくまでも英語の勉強として読んでいるか、そもそも日本の新聞すら読まないような場合です。

 

日本の新聞すら読まないような人は、英語の勉強のために英字新聞を読んでも、続けられるはずがありません。そういう人は、スポーツでも、音楽でも、映画でも自分の興味ある分野を選んで、それをインターネットで検索して、面白そうなサイトを見つければ良いでしょう。お気に入りのサイトが決まっていない人は、Yahoo US や Yahoo UK などからカテゴリー検索すれば見付けやすいと思います。

 

英語の勉強という意識で読んでいても、飽きてしまうこともあります。

私自身の例をお話します。

私はリーディングの練習として、インターネットで朝日新聞や読売新聞の英語版を常時読んでいました。確かに日本国内のニュースを英語で読む分には、予備知識や背景の知識があるので、ほとんど単語を調べることもなく、楽に読むことができます。しかし、最近ではそれも少し飽きてきて、さぼる日も多くなってきました。

そんな時、妻が飛行機の機内に置いてあった英字新聞を持ってきたので、暇つぶしに読んでみました。紙の英字新聞を読むのは久しぶりでしたが、それは予想外に面白く、かなり没頭して読んでしまいました。

その経験を通して感じました。リーディングは、英語学習のためではなく、興味本位で読む方が楽しめるし、結果として学習効果が上がるのではないか。普段、自分が国内のニュースを英語で読んでいるのは、あくまでも英語学習のためだけであって、目的本位、興味本位ではありません。なぜなら、日本のニュースを読みたかったら、日本語の新聞を読めばいいからです。興味本位ではないから飽きてくることもあります。

その一方で、海外の新聞、雑誌、サイトでは、時として日本の新聞や雑誌では見かけない情報にも出くわします。すなわち、日本のメディアでは代替不能な情報に出会うことがあるので、つい夢中になって読んでしまうこともあるのです。

特に、私はIT情報に興味があるので、 Google や Apple やYoutube の記事を見かけたりすると、夢中になって読めるのです。それ以外にも、日本の新聞ではまず見かけないようなローカルなニュースも結構好きだったりします。

 

以上のように、英語はあくまでも情報収集のツールと位置付けて、海外の生の情報、自分が真に知りたい情報を直接入手するつもりでリーディングの素材を探していくことが結果として、リーディングの学習効果も上がると思います。