英文の精読と多読について

前章ではリーディング力を高めるためには、構文の把握が重要だとお話しました。それでは、リーディングの学習としては、じっくりと英文を読むような精読だけをすれば良いのでしょうか?

実は、リーディングにおいては、精読と多読の両方をバランス良くミックスさせて学習することが大切なのです。


精読とは、一つの文章をじっくり読んで、特に、英語の構文をしっかり把握しながら、十分に理解をしていく方法です。

一方で、多読は、いちいち知らない単語を調べたりもせずに、大量の英文を読むことです。

精読することで、英語の多くの単語と用法を学びながら、構文を把握する力を養い、多読することで、英語の勘を養いながら速読法を習得すると言うわけです。


精読だけでは、いつまで経っても速読することができるようにならず、多読だけでも、英文を曖昧に理解したまま、勉強した気になってしまう恐れがあります。
そこで、日常的にも、精読と多読をバランス良く行う習慣をつけておくと良いでしょう。

具体的な方法をお話します。

<精読>

英字新聞や英文雑誌の一つの記事を選び、英語の構文を把握しながら、じっくり読む。分からない単語はすべて調べ、その用法を理解したうえで記憶します。

一つの記事は最低でも3回は読むようにします。

最後には、ほぼ100%の理解を持って、読めるようにします。

精読においては、自分の理解が誤っていないかを確かめるために、できれば部分的にでも訳文での確認をした方が良いでしょう。

 

<多読>

英字新聞か英文雑誌、あるいはインターネットのニュースで、自分の興味ある記事を選んで、つまみ読み、拾い読みします。

分からない単語は推測しながら、飛ばして読んで、文章そのものの理解よりも内容の理解を優先します。

特に、「つまみ読み」といった速読法は、TOEICのリーディングセクションで高得点を上げるには絶対に必要となる読み方です。したがって、早い段階で、こういった読み方を身に付けるためにも、多読によってトレーニングしてください。

 

次の章では、英字新聞の読み方 を紹介しますので、精読と多読をミックスしながら、学習を進めていってください。