英文和訳しないで理解する

私達の中学、高校時代の英語の勉強というと、英文和訳が中心でした。

まず、英語の長文を読んで、次に、それを日本語に訳して、それで完了です。

 

英語の勉強というと、ずっとそのやり方に慣れてしまったので、「日本語に直して理解する」という癖が付いてしまった人も多いはずです。

しかし、日本語を通して理解するというのは、英語のリーディングのみならず、リスニングにおいても大きな障害になります。

 

考えてみれば、英語を頭に入れて日本語に訳して理解するというのは、単に英語を頭に入れて理解するプロセスと比べて、次の図式のように、「日本語に訳す」という1ステップが余分に加わっているということが分かります。

 

英語を読む⇒理解する

 

英語を読む⇒日本語に訳す⇒理解する

 

したがって、日本語に訳している限りは、いつまで経っても読むスピードは上がりません。たとえ、それぞれのステップのスピードをどれだけ上げても、1ステップを余計に使っているロスは取り戻せないのです。

 

また、日本語に訳すというやり方をしていると、内容のイメージが浮かびにくいという問題もあります。例えば、次の英文を見てください。

 

The plane blew up and plunged into the ocean.

(飛行機が爆発して、海に墜落した。)

 

上の文章を日本語に訳してから理解したとすれば、日本語に訳し終わった時点では、「飛行機の爆発や墜落」のイメージが浮かばなくなっているかもしれません。

 

以上のように、「英語を日本語に訳して理解する」という読み方を改めないと、英文を読むスピードがいつまで経っても上がらないうえに、内容をなかなかイメージしにくいという問題が発生します。

 

そこで、「日本語に訳さないで英文をそのまま理解する」という直読直解がリーディング学習の目標になります。そうは言っても、長い間、日本語に訳して理解する勉強をしてきた人にとって、一朝一夕には、その習慣を改めることは難しいと思います。

しかし、今後、リーディングの学習を進めるうえで、常に「日本語に訳さないこと」と「内容のイメージを思い浮かべること」を意識して、練習を続けていれば、やがて必ず、英語のままで理解できる直読直解ができる日が来るはずです。