失敗を恐れずに英語を話そう

" Don't be afraid to make a mistake."

これは英会話学校に通っている生徒さんについて言われることですが、仕事で英語を使う場合にも、外国人の友人と会話する場合にも当てはまります。

 

日本人の多くは”shy”なので、なかなか人前で間違った英語を話そうとしません。

私自身がそうでした。私は、文法的に完全な英語を話そうとして、予め頭の中で英文を組み立ててから話すというようなことを長い間してきました。そのため、なかなか流暢な英語を話すことができませんでした。それが誤りだと気付いたのは随分後になってからのことです。

 

当たり前のことですが、ネイティブ以外の人が完全な英語を話せる訳がないのです。ですから、ネイティブは、私達が話す英語にはとても寛容に聴いてくれます。これは、在日の外国人が日本語を話す時に、私達が彼らの言葉を聴く時の態度と同じです。

 

何よりも大切なことは、会話はその内容が重要であって、英語は単なるツールに過ぎないということです。このことは、仕事で英語を使っている人は特に強く感じることだと思います。

あなたが英語でビジネスの会話をしている時には、相手の外国人は、あなたの英語が上手いかどうかなどにはまったく関心が無く、専ら、その話の内容に意識を集中させているはずです。

 

ということは、英会話をする時には、英語の文法など細かいことを気にし過ぎるのではなく、まず相手に関心を持ってもらえるような内容の英語を話すことを心がけるべきなのです。ですから、文法上の細かい使い分け、冠詞、単数・複数、前置詞などは、上級レベルになるまでは、ほとんど気にする必要はありません。

 

例えば、英会話学校に通っている人は、今日はどんなテーマで話をしようかとか、予めネタを考えておくのが良いでしょう。興味深い話ができれば、たとえ下手な英語でも、相手の外国人はとても喜んでくれるはずです。

 

最後に、誤解してはいけませんが、英文法など気にしないで、内容があれば、どんな英語を話しても良いということではありません。最低限、ネイティブ相手に通じる英語を話す必要があります。発音、文法などの基礎をしっかり学習して、何とか相手に通じる英語を話せるようになれば、後は、内容重視の英会話でいけば良いと思います。