学習中に先を見過ぎない

前に、英語学習はマラソンレースに似ているとお話しました。

一定量の学習を続けていれば、数年後には必ず、自分がゴールと考えられるような英語力のレベルに達するということです。

 

しかし、今から、2、3年先の自分の姿を思い描けば、気が遠くなって、やる気を失ってしまうことがあります。そこで、大事なことは、英語学習中には、あまり遠く先のことは考えないようにするということです。

 

英語をマスターするにはどうしても時間がかかります。どんなに短くても数年は必要となります。そこで、これから数年も勉強しなければならないと考えると、大きなプレッシャーとなります。

それが、挫折する大きな原因になります。

 

そこで、そのようにならないためにも、遠い先のことまで考えずに、今の自分の学習に集中することです。

そして、数ヶ月単位くらいで、小さな成果を見付けていくのです。

「ほんの少し英語が話せるようになった」とか「最初はまったく聞き取れなかった教材の英語が大部分理解できるようになった」とか、このくらいの小さな成果でしたら、2~3ヶ月で見付けられるはずです。

この小さな成果を励みにして、学習を続けていくのです。

 

1日単位での英語力の伸びは、ほとんど見えないくらいに小さいですが、それが積み重なって、2年、3年になれば、自分でもはっきり分かるくらいに英語力は向上しているはずです。

毎日の小さな努力を大切にしながら、英語学習を進めていってください。