学習法に迷いが生じたら

英語に限らず、どんな勉強においても試行錯誤は付きものです。

それで、英語の学習法においても、「はたして、自分の学習法は本当に正しいのだろうか?」といった迷いが生じることがあります。こういった迷い、悩みは長年、英語の学習を続けている方に特に多いと思われます。

 

でも、安心してください。英語を含めた語学の学習においては、あなたがどんな学習法を取っても、決してマイナスになることはないのです。確かに、効率の良い悪いの違いはあっても、実践した学習法によって、英語力が下がることは絶対にありません。

 

確かに、効率的な学習法というものは存在しますし、このサイトでも、極力そのような学習法をご紹介しています。それでも、前にもお話した通りに、各人の性格や置かれた環境によって、ご紹介した学習法がそのまま使えるわけではありません。ですから、自分なりにアレンジすることが必要となるわけですが、そこで、自分の学習法に迷いが生じることになるわけです。

最も良くないことは、学習法に迷いが生じた時に、それを修正するために多くの時間を使ったり、学習を中断してしまうことです。

 

繰り返しますが、自分の学習法に不安を持っても、「今の学習はマイナスにはならないのだ」と自分に言い聞かせて、学習をそのまま継続することがとても大切なのです。