英語ができると就職に有利か

英語ができると就職に有利か?

 

この答えは、「少しは有利かもしれないけど、期待しているほどでもない」ということになります。

これは、これから就職しようとしている大学生さんや転職を考えている社会人の方には特に知っておいてもらいたいことです。

 

現在、英語学習に励んでいる人の中に、就職を有利に進めたいから、英語を勉強しているという人もいるかもしれません。しかし、そういった方にはとても気の毒ですが、就職において、英語力が考慮されることはほとんど無いというのが現実です。英語力があればプラスにはなりますが、少なくとも、採否を決定する場面においては、考慮されることはありません。

 

確かに、国際社会において、グローバルに展開する企業では、英語が使える人材を求めています。そうであっても、そのような企業が求めているのは、英語が話せる人材ではなく、英語を使って仕事ができる人材です。その場合でも、たとえ英語力が乏しくても、それを補うだけの仕事の能力があれば、低い英語力もマイナスにはなりません。

そういったわけで、企業側は表向きは、英語力がある人を求めているようですが、英会話だけが得意なような人には、まったく見向きもしません。

実際に、英語力が必須と言われる職種であっても、結果的には、英語力はまったく無いけど、それ以外の能力に秀でている人を雇うことが多いようです。

 

私も長い間、外資系の会社に勤めていました。そんな中で、アメリカのアメリカの本社に転勤(栄転?)する人達は、 別に英語力があるわけではなく、ある分野で実績を上げた人達です。そういう人達の中には、本当にひどい英語力の人もいて、「この英語力で1、2年もアメリカで生活できるのだろうか」と心配してしまような人もいるくらいでした。

 

前置きが長くなりましたが、結局、何が言いたいかというと、英語が好きだから、とか英語を使って何かの夢を達成したいから、という動機で英語の勉強をするのは良いのですが、英語は嫌いだけど、就職に有利だから仕方無く勉強するというのは止めた方が良いということです。

嫌々勉強するのでは、英語はなかなか身に付かないし、仮に身に付いたとしても、就職で役に立つことはあまりありません。

 

こんなことをわざわざお話したのは、英語学習の動機として、「就職で有利になるから」という人が意外に少なくないと思ったからです。繰り返しますが、就職のためだけに英語を勉強している人がいたら、その時間をビジネスのスキルやコミュニケーション能力を高めるために費やした方が良いでしょう。前にもお話しましたが、英語は単なるツールであって、どんなに下手な英語を話しても、内容が充実していれば、ビジネスとしては問題が無いのです。

 

語に関して、色々な相談を受けるのですが、特に切実に
感じるのが、学生さんが就職するために、あるいは現在働いて
いる方が転職のために、英会話が出来るようになりたいという
相談です。


みなさん、本当に必死です。本気です。自分の価値をあげて、
望む仕事に就きたいと懸命に努力されているようです。


しかし、正直なところ、少し方向が違うなと思う場合があります。
今日のコラムは、そのあたりを中心にしてみたいと思います。


いきなり、核心から入りますが、英語を話せるから就職や転職
に有利になるだろうと言うのは、
全くの幻想だと思います。
それほど考慮されないというのが、私の率直な感想です。


確かに、現在の日本社会では英語を話せる人材が必要とされて
います。企業のグローバル化は進み、地方にある社員数名と
いう企業でも海外企業と関わりを持っているケースも少なく
ありませんから、間違いなく、英語を話せる人材のニーズは
高まっています。


私は外資系の会社に勤務していましたが、
英語を話せる人材は
常に不足
していました。社員だけでは手が足らず、通訳や翻訳
を外部に委託してということは、日常茶飯事でした。


ですから、通訳や翻訳といった業界でも人材不足なのではと
思います。(これは間違っているかもしれないです。)


ただ、ここで重要なのは英語を話せるだけでは、企業のニーズ
を満たせないということです。企業が求めているのは、英語を
話せる人ではなく、
英語を使って仕事が出来る人です。


そして、更に重要なことは、ビジネススキルがある人であれば、
語学力の不足を補うことが出来ますが、
ビジネススキルの不足を
語学力で補なうことは出来ない
ということです。ですから、企業
側としては、英語を話せる人がほしいと言いながらも、英会話
だけが出来る人には見向きもしません。


逆に英会話が絶対に必要とされる職種でも、結果としては英語
は一言も話せないけど、ビジネス経験が豊富な人を雇うという
結果になるほうが多いはずです。


私は貿易や海外企業との交渉を代行する仕事をしているので、
中小企業の社長さんから、英語を話せる人材について話を聞く
機会が多いのですが、仕事が出来る人間を雇って、英会話の
教育をしようという発想はあっても、英語を話せる人間を雇って、
仕事を一から教えようという発想はありません。


私も同様で、自営ですが会社を経営しているので、社員を雇う
という発想もあるのですが、貿易という仕事であっても、英語を
話せるかどうかというのは、重要性が低いです。語学力よりも、
コミュニケーション能力や実務経験、そして何よりも人間性
重視します。


もし、あなたに就きたい仕事があるのであれば、その仕事に
関する知識を勉強して身につけるのが先決です。そして、可能
ならば、低収入・あるいは無収入でもその業界に身をおいて、
経験を積むことです。


貿易や翻訳といった語学力が必須の業界でも、日本語だけで
こなせる仕事もありますから、まずはそういったところから
初めるべきです。


もし、あなたが学生であれば、
学生向けの企業研修に参加したり、
ボランティア団体に参加して、運営に携わってみるというほうが、
英会話スクールに行くより、よっぽど有意義です。


あなたが、英語が好きだからという理由で勉強しているのであれば
問題ないのですが、嫌だけど仕事のためと考えているのであれば、
ムダな努力になる可能性が高いので、よくよく考えたほうがいいと
思います。


仕事においては、英語は補助的なスキルに過ぎない。これが現実です。

英語に関して、色々な相談を受けるのですが、特に切実に

感じるのが、学生さんが就職するために、あるいは現在働いて

いる方が転職のために、英会話が出来るようになりたいという

相談です。

 

 

みなさん、本当に必死です。本気です。自分の価値をあげて、

望む仕事に就きたいと懸命に努力されているようです。

 

 

しかし、正直なところ、少し方向が違うなと思う場合があります。

今日のコラムは、そのあたりを中心にしてみたいと思います。

 

 

いきなり、核心から入りますが、英語を話せるから就職や転職

に有利になるだろうと言うのは、全くの幻想だと思います。

それほど考慮されないというのが、私の率直な感想です。

 

 

確かに、現在の日本社会では英語を話せる人材が必要とされて

います。企業のグローバル化は進み、地方にある社員数名と

いう企業でも海外企業と関わりを持っているケースも少なく

ありませんから、間違いなく、英語を話せる人材のニーズは

高まっています。

 

 

私は外資系の会社に勤務していましたが、英語を話せる人材は

常に不足していました。社員だけでは手が足らず、通訳や翻訳

を外部に委託してということは、日常茶飯事でした。

 

 

ですから、通訳や翻訳といった業界でも人材不足なのではと

思います。(これは間違っているかもしれないです。)

 

 

ただ、ここで重要なのは英語を話せるだけでは、企業のニーズ

を満たせないということです。企業が求めているのは、英語を

話せる人ではなく、英語を使って仕事が出来る人です。

 

 

そして、更に重要なことは、ビジネススキルがある人であれば、

語学力の不足を補うことが出来ますが、ビジネススキルの不足を

語学力で補なうことは出来ないということです。ですから、企業

側としては、英語を話せる人がほしいと言いながらも、英会話

だけが出来る人には見向きもしません。

 

 

逆に英会話が絶対に必要とされる職種でも、結果としては英語

は一言も話せないけど、ビジネス経験が豊富な人を雇うという

結果になるほうが多いはずです。

 

 

私は貿易や海外企業との交渉を代行する仕事をしているので、

中小企業の社長さんから、英語を話せる人材について話を聞く

機会が多いのですが、仕事が出来る人間を雇って、英会話の

教育をしようという発想はあっても、英語を話せる人間を雇って、

仕事を一から教えようという発想はありません。

 

 

私も同様で、自営ですが会社を経営しているので、社員を雇う

という発想もあるのですが、貿易という仕事であっても、英語を

話せるかどうかというのは、重要性が低いです。語学力よりも、

コミュニケーション能力や実務経験、そして何よりも人間性を

重視します。

 

 

もし、あなたに就きたい仕事があるのであれば、その仕事に

関する知識を勉強して身につけるのが先決です。そして、可能

ならば、低収入・あるいは無収入でもその業界に身をおいて、

経験を積むことです。

 

 

貿易や翻訳といった語学力が必須の業界でも、日本語だけで

こなせる仕事もありますから、まずはそういったところから

初めるべきです。

 

 

もし、あなたが学生であれば、学生向けの企業研修に参加したり、

ボランティア団体に参加して、運営に携わってみるというほうが、

英会話スクールに行くより、よっぽど有意義です。

 

 

あなたが、英語が好きだからという理由で勉強しているのであれば

問題ないのですが、嫌だけど仕事のためと考えているのであれば、

ムダな努力になる可能性が高いので、よくよく考えたほうがいいと

思います。

 

 

仕事においては、英語は補助的なスキルに過ぎない。これが現実です。

 

英語学習において、教材の活用は不可欠です。

当サイトでは、おすすめの英語教材の紹介だけに留まらず、その教材の効果的な活用法から長所、短所などの全体の評価もしてありますので、是非とも、英語教材選びの参考としてください。 

 おすすめの英語教材