英語を話す勇気

前に、「失敗を恐れずに話そう」というテーマでお話しをしたことがあります。

でも、そんなことを言われても、やはり人前で下手な英語を話すのは恥ずかしいという人もいると思います。英会話の学習をしている人の中で誰もが積極性があって、図々しい人ばかりではありません。

そこで、無理に積極的に話すことばかりを考えるのではなく、「英語を話すには誰でも勇気が必要だ」ということを考えた方が良いこともあります。

 

英語に限らず、外国語を話すには、誰でも勇気が必要です。

外国語を話す時には、誰もが間違ったら恥ずかしいという思いと、他の人が流暢に会話をしている状態で、自分が変なことを言ったら、他の人に悪いという気持ちがあるようです。

 

英語に限らずという点について、私の知り合いのアメリカ人の話をします。彼には日本人の奥さんがいるので、実際に日本語はかなり流暢なのです。しかし、現在アメリカ在住なので、普段ほとんど日本語を口にすることがありません。そこで「たまに日本語を話したり、書いたりする時には、とても勇気が要る」と彼は言っていました。不自然な日本語になっていないかどうか、文法的に間違った日本語ではないかということが気になりながら、勇気を出して、日本語を話すそうです。

私は、アメリカ人は皆、自己主張が強く、あまり shy な人はいないと思っていましたので、彼の言葉はとても意外で新鮮に感じました。と同時に、英語に限らず、外国語を話す人はほとんどがこのような共通な心理状態にあるのだということにも気付かされました。すなわち、英語(外国語)を人前で話す時に、勇気が要るのは自分だけではない、誰もが勇気を出して話しているのだという事実を認識することができたのです。

 

このような事実を認識することで、英語の劣等感から少し解放され、恥ずかしいながらも、少しずつ英語を口に出すことができるようになるのです。

このことは英会話上達の大きなステップになるのは間違いありません。