電話での英会話表現

 

電話で使われるビジネス英会話の表現はほとんどが決まり文句ばかりです。ですから、一度覚えてしまって、実際に繰り返し使ってみれば、だいたい覚えてしまうはずです。

大事なことは、実際に自分で使ってみて、身体で覚えることです。

 

<電話を受ける>

Hello. This is ABC corporation. May I help you?

(もしもし、ABC株式会社です。)

 

May I have your name, please?

(お名前をお願いします。)

 

Could you speak a little more slowly?

(もう少しゆっくり話していただけますか。)

 

<電話をかける>

This is Nakajima speaking.  May I speak to Mr.Suzuki?

(中島と申しますが、鈴木さんをお願いできますか。)

 

I’m calling about the next meeting.

(今度の会議の件でお電話しています。)

 

<電話をつなぐ、不在など>

Just moment please. / Hold on please. / Hold the line please.

(少々お待ち下さい。)

 

I’ll connect you. /I’ll put you through.

(ただ今おつなぎします。)

 

He’s on another line.

(別の電話に出ています。)


He’s off today.

(本日はお休みをいただいています。)


He’s in a meeting at the moment.

(ただ今、会議中です。)


He’s with a customer at the moment.

(接客中です。)


He’s on a business trip.

(出張中です。)


He's out for the day.

(本日は戻りません。)


He won’t be back until next Monday.

(来週の月曜日まで戻りません。)

 

What time will he be back?

(何時に戻りますか?)


He should be back by eleven.

(11時までには戻るはずです。)

 

<伝言する>

I’ll tell him that you called.

(電話があったことをお伝えします。)


Would you like to leave a message? / May I take a message?

(ご伝言はありますか。)

 

Could you take a message? / Can I leave a message?

(伝言してもらってもいいですか。)

 

Could you tell him to call me back?

(折り返し電話するようにお伝えいただけますか。)

 

Please tell him that I called.

(電話があったことだけお伝え下さい。)

 

I’ll have him call you back.

(折り返し電話するようにさせます。)


Let me check your number.

(電話番号を確認させていただけますか。)

 

<間違い電話>

I think you got the wrong number.

(間違い電話のようですが。)


There’s no one here by that name.

(そういった名前の者はこちらにはおりませんが。)


What number are you calling?

(どちらの番号におかけですか。)


Sorry, I dial the wrong number.

(すみません、間違い電話のようです。)

 



最後に、電話でのビジネス英会話として、ビデオで学べるサイトを紹介します。実際にパソコンの前で、リピートしながら練習することもできます。解説も含めてすべて英語ですが、スクリプトが付いていますので、頑張って練習してみてください。

 

http://australianetwork.com/businessenglish/stories/ep11.htm