洋楽で発音の練習をしよう

前章でも、洋楽を使って、英語の発音やリズムを身に付ける話をしました。

ここでは、もっと積極的に洋楽を素材にして、英語の発音、リズムの練習する方法をお話します。

 

英語を自主的に学習しようという人には、洋楽好きな人が多いので、きっとお気に入りの歌手もいるでしょう。そんな人は今まで、単に聴いているだけだった歌を積極的に口ずさんで、英語の練習をしてみましょう。

以下に、洋楽を使った英語の発音の練習の流れをお話します。

 

まず、曲を選びます。

曲名は自分のお気に入りであれば、何でも良いのですが、後でカラオケで歌うことまで考えれば、定番の曲の方が良いです。

 

曲名を決めたら、CDで曲を流し、シャドーイングのように、歌手の歌に追うような形で、後に付いて歌います。

この際、最も大切なことは、歌詞よりも、実際の歌に耳を傾け、歌手が歌う通りをそっくりそのまま真似て歌います。歌詞はあくまでも聞き取れない部分を確認する程度に使います。また、歌詞の日本語の意味までは考える必要はありません。どうしても日本語の意味が気になる方は、一曲をマスターしてから、日本語の意味を調べてみてください。

 

このように、歌手の歌をそっくり真似て歌うことによって、英語の発音からアクセント、リズム、音の連結(リエゾン)、音の脱落まで、すべてを同時にマスターすることができます。

 

最初のうちは、どうしても歌手の歌の速さに付いていけないと思いますので、その場合には、何度もCDを止めて、その都度、歌詞を確認してください。

 

このようにして、一曲をマスターできたと思ったら、今度は友人と一緒にカラオケに出かけましょう。一緒に連れて行く友人は、英語の歌を歌ってもキザだと思われないように、同じく洋楽好きな人の方が良いでしょう。できれば、外国人の友人と一緒に行けば、もっと楽しいです。

 

カラオケは、自分の練習の成果を発表する場ですから、思いっ切り感情を込めて、歌手に成り切って歌ってください。練習で身に付けた、英語の発音やリズムなどを思い出し、正確に再現してください。

ここで、綺麗な英語で歌うことができて、友人から感心されたら、ひとまず成功です。きっと、あなたは英語の発音、リズムに大きな自信を持つことになるでしょう。

 

最後に、私自身のことについて話しますが、私も洋楽が好きで、10年ほど前は、会社の同僚とよくカラオケに行き、必ず洋楽を歌いました。よく歌ったのは、"Without you" や"Last Christmas"などで、これらの曲は今でも空で歌えます。

現在の私の英語の発音は、その基礎となったのは、間違いなく洋楽による練習だと思っています。洋楽で身に付けた発音のおかげで、今まで、ネイティブと話していて、発音が悪くて通じないといった経験は一度もありませんでした。

 

このように、洋楽は楽しみながら、英語の発音とリズムを身に付けることができる最適の素材です。是非とも、皆さんもお気に入りの歌で英語の発音の練習をしてみてください。