英語のリズムを身に付けよう

英語の音声で、発音とアクセントの次に重要なのは英語のリズムです。

英語のリズムとは、もっと具体的に言えば英語の文章を話すうえで、ある単語は強く発音し、ある単語は弱く発音するといったように、メリハリを付けて発音することです。日本語はとても平坦な発音をする言語なので、日本人はそれが当たり前と思っていますが、英語に限らず西洋の言語は、波を打つようにリズムのある発音をします。

例えば、次の文章を見てみましょう。

 

You crashed into a Mercedes? It'll cost you.

(ベンツにぶつけちゃったの? それは高く付くぞ。)


上の文章は、crashed, Mercedes, cost の3つの単語は強くはっきり発音して、それ以外の単語は弱く速く発音します。

要するに、名詞や動詞などのキーワードは強く発音し、代名詞や冠詞、前置詞などの機能語と呼ばれる単語は弱く発音するのです。

 

英語のリズムを身に付けるためには、英語教材のCDを聴いてから続いて、その音声を真似て音読することです。単に聴くだけでも、ある程度は身に付きますが、音読することで、もっと確実に身に付きます。

 

最後に、楽しみながら効果的に、英語のリズムを身に付ける方法を紹介します。それは、あなたの好きな洋楽を聴いて、歌詞を見ながら、一緒に口ずさんでみることです。

例えば、次は私も好きな Kool & the Gang の”Cherish”という曲の冒頭の一節です。

Let's take a walk together near the ocean shore
Hand in hand you and I
Let's cherish ev'ry moment we have been given
The time is passing by~

 

特に英語のリズムを意識しなくても、曲とともに歌詞を覚えて、何度か口ずさんでみれば、自然にリズムが身に付いてきます。私は車でiPod を聴くことが多いので、よく運転しながら口ずさんでいます。

 

歌詞は有名な曲であれば、ほとんどインターネットで検索して入手できるはずです。同様に歌自体も「タイトル 歌手名」で検索すれば、Youtube の動画を視聴することができます。

是非、皆さんもお気に入りの洋楽を口ずさみながら、英語のリズムを身に付けていきましょう。