英会話の上達法

リスニング、リーディングと続きましたので、次はスピーキング力の強化ということになります。すなわち、英会話上達のための学習法をお話していきます。

 

英会話の技能はアウトプットの技能であるので、インプット(特にリスニングの学習)が乏しいうちに始めても、効果はなかなか上がりません。
実際に、英会話学校の生徒に多いのは、インプットとなる学習をあまりしないままで参加しているため、時間とお金をかけた割には会話力が大して伸びないという人です。
したがって、会話が上達するためには、一定期間の地道なリスニングとリーディングの学習が必要となるのです。このプロセスを飛ばすと、時間をかけた割に会話力が伸びないということになります。すなわち、リスニングとリーディングによって生きた英語を頭の中にため込んだら、今度はスピーキングの訓練をして、それを頭の中から引き出す練習をするのです。このようにして訓練を積めば、自分の話したい英語を頭の中から引き出す回路を作り上げることができるのです。

次に、上達のポイントとしては、できるだけ易しい単語(できれば 中学生レベルの単語)を使って表現する練習をすることです。
実際に、私たちがリスニングの学習をするときには、時として、かなり難しい単語やフレーズが出てくることがあります。しかし、ネイティブスピーカーでない私たちが英語を話す際には、ネイティブらしいクールな表現をする必要も無いわけで、易しい英語で的確に伝えることが大切になります。
このことについては、多くの学習者が勘違いをしていて、私自身も英語学習を始めて数年間はネイティブのようなカッコイイ英語を話すことを目指していました。こういうことを目標とすると、ネイティブでない日本人である私たちにとって多くの場合、徒労に終わることになります。

 

例えば、「あなたは奥さんとどこで知り合ったの?」という日本語の文章は、英語で何と言いますか?

How did you meet your wife?  で十分です。

すべて、中学生レベルの単語で表現できますよね。

 

つまり、聴いて理解できる英語と自分が話す英語のレベルは分けて考えた方が良いでしょう。自分で話す英語はできるだけ易しい単語を使って表現できるように心がけましょう。

 

以下に、英会話を上達させるための具体的な学習法をお話ししていきます。

英語学習において教材の活用は不可欠です。

当サイトでは、おすすめの英語教材の紹介だけに留まらず、その教材の効果的な活用法から長所、短所などの全体の評価もしてありますので、是非とも英語教材選びの参考としてください。 

 おすすめの英語教材