英語ツイッターの効果

英語でツイッターをすれば、どのような効果があるのでしょうか?

 

まず第一に、英会話力が向上することです。

具体的には、fluency(流暢さ)が向上して、言いたいことを即座に英語にすることができるようになります。

ツイッターでは、自分の話したい時に自分の話したいことを話す練習をしていることになるので、実際には英文を書いているとはいえ、スピーキングの練習をしていることとそう変わらないのです。

私自身のことについて言っても、私は現在は、普段からリスニングやリーディングの学習はしていますが、特に英会話レッスンなどは受けていません。その代わり、ツイッターで随時、英語を発信しています。そのため、英語を書く速度は確実に向上しています。それだけでなく、たまに、Skype でイギリスにいる妻の友人と話したりする時にも、久しぶりに英語を話す割には、言葉がスムーズに出て来るのを感じます。スピーキングの練習は他にしていないので、それはツイッターの効果としか考えられません。

 

次に、リーディング力も向上します。

ツイッターでは毎日、タイムラインに大量の英語が表示されますが、一つ一つがとても短いので、それほど抵抗なく読むことができます。

また、CNN や CBS などの海外のメディアをフォローすれば、英語で速報ニュースを読むことができます。英語のニュースと言っても、ツイッター上の速報ニュースは、要点だけを簡潔に記述しているので、英字新聞を読むように気構えることなく気軽に読むことができます。それでも、結果的には、一日でかなりの量の英文を読んでいることになるので、知らず知らずのうちに、リーディング力も向上することになるのです。

 

最後に、これはどうして?と思うかもしれませんが、リスニング力も向上します。

毎日大量の英語のツイートを眺めていて、一つのツイートは140字以内ですから、ちょうど映画のセリフより少し長いくらいです。そのくらいの長さのツイートだったら、いくら読んでも疲れないし、短い英文を読み慣れてくると、同じくらいの長さの英語を聴くのが楽に感じます。例えば、毎日、英語の字幕を大量に読んでいると、そのうち字幕を消しても、ドラマや映画が理解しやすくなるのと同じ理屈です。

 

以上が英語ツイッターで私自身が感じた効果です。

 

英語学習において、教材の活用は不可欠です。

当サイトでは、おすすめの英語教材の紹介だけに留まらず、その教材の効果的な活用法から長所、短所などの全体の評価もしてありますので、是非とも、英語教材選びの参考としてください。 

おすすめの英語教材