英語で考える習慣を付けよう

英会話が上達するために大事なことは、まず日本語で考えて英語に変換するという習慣を脱し、ダイレクトに考えたことを英語で話すように習慣付けることです。

すなわち、頭の中で、考え→日本語→英語 と変換していたものを

考え→英語 というプロセスで英語を話すように習慣付けることです。

 

例えば、”Thank you ”という言葉を話すときに、あなたはまず日本語で「ありがとう」と考えてから、英語に変換して”Thank you ”と言いますか?

きっと、日本語を意識しないで、直接”Thank you ”と言うはずです。

このような簡単なフレーズに限らず、ほとんどの英語表現においても、日本語を意識しないで話せるようになれば、あなたの英会話は今よりずっと流暢になるはずです。

 

しかし、そんなことは理屈では分かっているけど、できるようになるのは難しいよ、という方も多いと思います。そんな方には、頭に浮かんだ日本語をそのまま直訳するのではなく、いったん英語にしやすいように言い換えてから表現するという方法があります。いわゆる発想の転換です。

それでは、具体例を見てみましょう。

 

「あのレストランはいつ行っても繁盛しているよ。」

という日本語が浮かんだら、何と英語で表現しますか?

まず直訳しようと思うと、「繁盛している」という単語が分からないとか、「いつ行っても」は何て言うんだろう?とか考え込んで、すぐにつまずいてしまいます。

 

そこで、次のように表現してみたら、いかがでしょうか。

That restaurant is really popular.(あのレストランはすごい人気だよ)

That restaurant is always crowded. (あのレストランはいつも混んでいるよ)

 

どうでしょう? 直訳にこだわらずに、ちょっと発想を転換しただけで、あなたも知っている簡単な英単語で表現できました。

そして、直訳にこだわらないこの方法では正解は一つではなく、何通りにも表現できることになります。

 

この方法をマスターすれば、たとえ単語力が乏しい人でも、自分が知っている単語だけで表現できるようになるので、英語で表現できる幅が大きく広がります。

また、上級レベルの方でも、日本語で言えば複雑な内容も、シンプルな英語に置き換えてから表現することになるので、ちょっとした通訳くらいはできるようになります。

是非、この方法をマスターして、日本語の発想に縛られずに、自由に英語で表現する習慣を身に付けましょう。

 

 

 

 

英語学習において教材の活用は不可欠です。

当サイトでは、おすすめの英語教材の紹介だけに留まらず、その教材の効果的な活用法から長所、短所などの全体の評価もしてありますので、是非とも英語教材選びの参考としてください。 

 おすすめの英語教材