英語のビジネスレターを書く

友人相手のEメールを書くだけだったら、現在のメールはとてもカジュアルで会話調なので、英会話をするのと同じ感覚で書いても不自然になることはあまりありません。

 

しかし、ビジネスレターを書くとなると、使われる文体は大きく異なるため、注意が必要です。とは言っても、決まった言い回しを覚えるか、英借文として、文例をそのまま拝借してしまえばいいわけですから、会話と違って十分に考える時間もあるビジネスレターは慣れれば、短期間で上達できるスキルです。

 

そうは言っても、文例集を買って来て読むだけでは、なかなか自力で書けるようにはなりません。文例集を参考にしながらも、自分の頭で実際に考え、書いてみる(タイプしてみる)ことが大切です。

できれば、自分の書いた英文を英語の得意な人やネイティブに見せて添削してもらえば、なお理想的です。

 

次の章では、ビジネスレターがよく使われる場面を想定したテンプレートをいくつか用意しましたので、参考としてみてください。