英文日記について

英語学習をしている人の中には、練習のために毎日、英文日記を付けている方がいます。ただし、英文日記についてはメリット・デメリットがあります。

 

まず、メリットとしては、普段から自分自身のことについて英語で文章を書いているので、英会話をする場面になっても、スムーズに言葉が出てくるということです。そのため、英会話がスムーズになることで、英語を話すことがより楽しくなります。

 

デメリットとしては、特に、初心者、初級者にとっては、自分の書いた英語が正しいかどうかも分からないので、間違った英語を書き続けてしまうことです。

 

そこで、英文日記を有効に活かすためにも、ネイティブによる添削を受けることをお勧めします。

私自身は、オーストラリア人の自宅でプライベートレッスンを受けていた時期に、自分で書いた英文日記(ワードで印刷したもの)を持って行って、毎回添削を受けていました。これは本当に勉強になりました。特に、冠詞と定冠詞(a, the)の使い分けなど微妙なところのニュアンスなども掴めるようになりました。

参考までに、当時、オーストラリア人から添削を受けていた英文日記の一部を公開します。(添削済みのものです)

英文日記例

 

そうは言っても、なかなかネイティブの添削を受ける機会は少ないと思います。

そこで、インターネット上で自分の書いた英文をネイティブに添削してもらえるサービスを提供しているサイト、Lang-8があるので、それを活用する手もあります。

このサイトはいわゆる、exchange(交換型)サービスで、参加した人が書いた文章を、その言語を母国語とする人が添削してあげるという方式を取っています。そのため、自分の書いた英文をネイティブから無料で添削してもらえることになります。自分が書いた英文は公開されるので、少し勇気が要りますが、積極性がある人は是非参加してみてください。ただし、たまには外国人が書いた日本語も添削してあげてくださいね。

 

なお、言うまでもありませんが、英文日記を書くには最低限の文法力が必要です。

楽しく英文法を学ぶには初心者向けの定番の英文法教材、ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning

を紹介しておきます。