英語でEメールを書こう

まずは、習うより慣れろで、英語のネイティブスピーカーに向けて、どんどんEメール書いてみましょう。

外国の友人が既にいる人はいいですが、そうでない方は、英会話レッスンを受けている講師のメールアドレスを聞いて、失礼にならない程度、メール交換するのも一つの方法です。

それ以外にも、ミクシィの会員の方は、その中で外国人のマイミクを作るのが手っ取り早いですね。

あとは、Japan penfriend などの国際的なメル友募集サイトから相手を探すのも良いかもしれません。

 

とりあえず、最初はおかしな英文でもいいから、どんどんメールを書いてみましょう。できれば、相手のネイティブから間違った部分を指摘してもらえれば一層効果的です。そして、ネイティブの書いた英文もできるだけ覚えて、真似るようにしましょう。

 

私は、Eメールではありませんが、毎日の日記を英語で書いて、1週間後にプライベートレッスンの講師に見てもらい、添削してもらったことがあります。その添削された日記は今でも自分の財産になっています。

 

あとは、今ではショートEメールの代わりとして、ツイッターを活用する方法もあります。こちらについては、ツイッターで英会話の練習をしよう の章を参考にしてください。