Part 6(長文穴埋め問題)

このパートも文法問題の一種で、長文の中に複数ある空所に適切な単語を4つの選択肢から補充するといった形式です。

一つの長文に4箇所の問題が出て、3つの長文が出題されるので、合計で 12問となります。
基本的にはPart 5と同様の文法・語法問題ですが、問題文が長文になっている違いだけです。

 

対策は英文法や慣用句の知識を付けることですが、長文に対応しなければならないので、速読力を付ける必要もあります。しかし、穴埋めすればよいだけなので、必ずしも全文を読む必要はなく、空欄の前後から解答が導き出されれば、要らない部分は読み飛ばしても結構です。というか、このくらいのスタンスで臨まなければ、時間が足りなくなってしまうかもしれません。